FORTの家は、
デザインだけにこだわっていません。

耐震性能 快適性能

安心・安全の機能性

も大切にしています。

  • デザイン設計士とつくる
    心地のよいデザイン
  • 性能安心・安全の
    機能性、快適性能、耐震性能
  • コスパ納得ができる
    コストとクオリティ

FORTの家づくり

FORTの家づくり

fort’s concept

FORTの家づくり

FORTでは...

FORTでは機能美(デザイン)にこだわり、見た目だけでなく、
使いやすさを実現するデザインとしておりますが、その他にも
①住宅性能(高耐震・高気密・高断熱)を上げるデザイン、
②コスパを上げるデザイン
を強く意識しています。
デザインと性能とコスパは足し算ではなく、掛け算が重要なのです。

これを知らずに家を
建てると後悔します

断熱性能

部屋を明るくしたくて大きい窓にしたけど、冬が寒すぎる...

春夏秋冬の気温差の激しい日本の気候。
理想の家づくりのためにも、使う断熱材は高性能なものを選びましょう。効率的に部屋を保冷・保温することで省エネにもつながります。

気密性能

冷暖房がなかなか効かない上、
電気代が高くなってしまう...

気密性能が低いと、すきまが多く熱い・冷たい外気が家の中に入り込み、折角調節した快適な室温が外に逃げてしまいます。
FORTでは、住まう人が快適に過ごせる気密性能を持つ家づくりを意識しています。

換気性能

隣家との間が狭く、
家の中に風が入ってこない...

風通しの鍵を握るのは窓の位置です。
家の対角線上に上下に分散して窓を設けると風が通り抜けやすくなります。
FORTは、土地環境やライフスタイルに合わせて適切な部屋設計を提案いたします。

FORTが大切にしている
2つの性能基準

fort’s standard

01 外皮性能を表すUa値

01外皮性能を表すUa値

岡山市や福山市にて、建物の断熱性能の指標である外皮性能を表すUa値は
図(2020年基準のUa値の日本地図挿入)のように、
国の基準として0.87以下とするように規定されています。
しかし、FORTでは北東北地方の0.56を基準値としております。
なぜなら、例えば岡山県では、ヒートショックでなくなる方の数が全国ワースト8位というデータがあり、国の基準値よりも大幅に良くする必要があるとFORTは考えているからです。

気密性能・断熱性能は家を建てた後のランニングコストに直結する性能です。

FORTの家づくりはプリウスのような家づくり
初期コストは少し高くても、ランニングコストで大きなお得が待っています。

他社 1,800万円

  • 年間の電気料金
    26万円
  • 30年間の電気料金
    780万円

かつ、住んで寒い&暑い!

差額
年間12万円

FORT 1,900万円

  • 年間の電気料金
    14万円
  • 30年間の電気料金
    420万円

住み心地快適!

※建物価格・電気料金はあくまでも一例です。

外皮性能(Ua値)を上げるためには、家は凸凹させずにできるだけシンプルかつ表面積を抑える必要があります。
住宅の温熱環境をよくすることは、結果的に光熱費などのランニングコストを抑えることができるため、
温熱環境の性能を上げる(ホンモノの高気密・高断熱)ことは、カラダにもオサイフにも優しいのです。
FORTが目指す、シンプルで美しく、かつ使いやすいデザインなら、性能面でもコスパの面でも効果が高く、夏涼しく、冬暖かく住めて、
電気代も一般的な住宅よりも大きく安くなる(どれくらい安くなるかはお尋ねください)という、
お客様にとって大きく資産性を高める家づくりになるのです。

UA値
(外皮平均熱貫流率)
長期優良住宅
0.87
ZEH(ゼッチ)
0.6
FORT標準
(2020年北東北基準)
0.56
FORTオプション
(HEAT20 G2レベル)
(2020年北海道基準)
0.46

02 気密性能の高さを示すC値

02気密性能の高さを示すC値

気密性能の度合いは「C値」と呼ばれる指標で示されます。
C値は「1㎡あたり、どれだけのすき間があるか」を表し、この数値が低いほど「気密性能が高い」ということになります。
すき間が少ない、つまりC値が低い家ほど「すきま風が入らない=気密性能が高い」とイメージするとわかりやすいでしょう。

FORT建築設計は、気密性能の高さを重視しています。どれだけ、断熱性能が良くても、すきまが空いている家だと、例えば、ダウンジャケットに穴が開いているのと同じです。そこから、室内、室外の冷気・暖気が漏れてしまいます。

02 気密性能の高さを示すC値

一般的な住宅の最低基準値は「5」(1㎡あたり5㎠)とされていますが、FORT建築設計がつくる住まいの標準値はその1/10の「0.5」。
すべての家に対して必ず気密測定を実施しており、温暖地域の目標値を大きく上回る、非常に高い気密性能を示しています。
一般的に高性能とされる数値は「1」(1㎡あたり1㎠)とされていますので、FORTがつくる住まいはその数値をもしのぐ性能を確保しています。

一般的な住宅とFORTの
家の違い(C値)

過去の省エネ基準 FORT標準 過去の省エネ基準 FORT標準

「デザイン」「性能」「コスパ」は、それぞれを足し算するのではなく
掛け算で考えることで『資産価値』の向上へとつながります。

これがFORTが、ただデザインにこだわっただけの家を
建てようとしない理由です。

FORTは、不動産業にも携わる中で、予算を多く組みすぎて住宅ローンを支払うことが出来ずに
泣く泣く住宅を売らざるを得なくなる苦しみや、
住宅の後悔ポイントのナンバーワンとなっている『冬場、家が寒い』という後悔を
FORTで建てるお客様にはしていただきたくないという思いから、
Ua値、C値にこだわった(高気密高断熱)の住宅を建てることを標準としています。

FORTが一番大切にしたいのは、みなさまご家族の未来・成長。
FORTが「デザイン×性能×コスパ」にこだわるのは、それがご家族の幸せな暮らしにつながると考えているからです。

CONTACT

無料相談会は、
ほぼ毎日開催してます!

無料相談会は、ほぼ毎日開催してます!

「無料相談会の
予約をしたいのですが...」

とお気軽にお電話ください!

最新イベント情報や施工事例の詳細は
FORTオフィシャルサイトへ

福山モデルハウス 084-982-7404 受付10:00~19:00(水曜定休)

岡山スタジオ 086-236-9600 受付10:00~19:00(水曜定休)

宿泊体験できます

服や車は試着したり試乗したりするのに、どうして一生で一番大きな買い物の家を試すことが出来ないのでしょうか。FORTではその業界の矛盾に強い疑問を感じており、FORTで家づくりを検討しているお客様には宿泊体験をして頂けます。詳しくはスタッフにおたずねください。

Logo Line

イベント情報を
LINEで受け取る

快適性を高めるために

FORTが取り入れているもの

FORT’s quality

01. 断熱材

住まいの寿命を長くするためには、断熱材の活用が必須です。
FORTで使用している現場発泡ウレタン(硬質ウレタンフォーム)は、名前通り発泡することにより現場の形に接着するため、断熱性能の高さはもちろん気密性能の高さを実現できます。また、硬質ウレタンフォームは小さな硬い泡の集合体でできており、中に熱を伝えにくい空気が閉じ込められているため、非常に高い断熱性能が得られます。自己接着力がある素材なので、柱や梁の間にもすきまができにくく湿気を遮断するため、室内の快適性を実現するだけでなく、建物を湿気から守り、建物の寿命を延ばします。

01. 断熱材

-現場発泡ウレタン
(硬質ウレタンフォーム)
の5つのポイント-

  • 効率的な冷暖房効果
  • 結露やカビの発生を防止
  • 吸音・防音効果

02. 樹脂サッシ

FORTが設計する家のサッシには、熱の伝わりにくい樹脂サッシを標準で使用しており、冷たい・熱い外気を室内に伝えづらくします。
樹脂サッシの設置により、室内の快適な気温を外に逃がしにくくするため、少ないエネルギーで保冷保温効果が生まれ省エネ効果が期待できます。
それだけでなく、熱の伝わりが小さいため、カビ・ダニの原因となる結露を防ぐという特徴も持っています。

02. 樹脂サッシ

03.耐震性

地震や台風など横からの力から建物を守るために必要になるのが、建物の壁への「耐力壁」の設置です。耐力壁は、点で支える軸組工法の「筋かい」と面で支える「耐力面材」の2種類があります。
FORTの家づくりでは、壁倍率(強度を表す数値)2.5と高い強度を持つ耐力面材を建物外周部に使用しています。筋かいの壁は点荷重になるため、大きな力がかかると壊れる可能性があるのに対し、耐力面材の壁は全体で支えるため耐久性に優れています。また、断熱材がムラなく入るため、断熱性能を保持しやすいというメリットもあります。
※筋かいを全く使わないと言うことではありません。

03.耐震性

FORTのお約束

promise

代表取締役 中村 亜樹

簡単なようで、本当に良い家に 住みつづけることって難しい。

はじめまして。FORTの代表の中村亜樹と申します。
私はグループ会社の花菱不動産の社長として、いろんな中古住宅を見てきました。
メーカーの家といえども「断熱欠損や、気密性能の悪い住宅」が多く、品質のよい住宅に巡り合うことはほとんどありませんでした。

また、ローンが払えずに家を売却せざるを得ない「任意売却」も世の中には意外と多いんです。幸せになるために家を買うにもかかわらず、結果的に幸せになれない家づくりを多く目の当たりにしてきました。

そのような経験から、FORTでは、暮らしを豊かにする「デザイン性」。「夏涼しく冬暖かい、快適さ」で住みやすさを。ランニングコストを省くことによる「コストパフォーマンスの良さ」で住宅ローンがお客様にとって大きな負担とならない努力を重ねております。

社名にもありますが、上記から4つのコンセプトを大事にしています。
「堅固性(FORT)」
「快適性(comFORT)」
「企業努力(efFORT)」
「資産性(FORTune)」

まず「堅固性」ですが、中世ヨーロッパのお城が現在でも美しく、頑強な状態で残っていますよね?そんなお家づくりを目指したいと思っております。

そして、2番目に「快適性」。いわゆる住む上での「温熱環境」ですが、
・高気密高断熱
・換気システム
・樹脂サッシ
など夏涼しくて、冬暖かい、住まう人が過ごしやすい家づくりをしております。
結果的に「ランニングコスト」も少なくなり、家計の負担が少なく、生涯コストが少なくなる住宅です。

次に「企業努力」ですが、残念ながら日本の住宅業界のレベルは世界基準と比べて大きく劣っています。
しっかりとした世界基準の資材、施工方法などの研究とともに、良質なお家をリーズナブルにご提供しています。

最後に、「資産性」です。
上記3つの考えで作られたお家は、30年で倒さなければならない従来の家づくりとは違う、「資産性」の高い住宅となります。
・デザインの耐久性(普遍的なデザイン)
・住宅に湿気を滞留させない工法
を採ることで、50年、60年と住宅の耐久性が高まっていくと言われております。

お家を購入するときにしっかりとご家族の将来を考え、またお客様にも一緒に考えていただき、ご家族が40年後、50年後もずっと幸せになる家づくりをしたいと考えています。

株式会社 FORT
代表取締役 村 亜樹

CONTACT

無料相談会は、
ほぼ毎日開催してます!

無料相談会は、ほぼ毎日開催してます!

「無料相談会の
予約をしたいのですが...」

とお気軽にお電話ください!

最新イベント情報や施工事例の詳細は
FORTオフィシャルサイトへ

福山モデルハウス 084-982-7404 受付10:00~19:00(水曜定休)

岡山スタジオ 086-236-9600 受付10:00~19:00(水曜定休)

宿泊体験できます

服や車は試着したり試乗したりするのに、どうして一生で一番大きな買い物の家を試すことが出来ないのでしょうか。FORTではその業界の矛盾に強い疑問を感じており、FORTで家づくりを検討しているお客様には宿泊体験をして頂けます。詳しくはスタッフにおたずねください。

Logo Line

イベント情報を
LINEで受け取る

岡山スタジオ・
岡山モデルハウス

086-236-9600

受付 10:00~19:00(水曜定休)

福山スタジオ・
福山モデルハウス

084-982-7404

受付 10:00~19:00(水曜定休)

お問い合わせ

contact

ご希望のスタジオ
来店希望日時(第1希望)
  • 大人
  • お子様
来店希望日時(第2希望)
  • 大人
  • お子様
お名前
(※漢字でご記入ください)
フリガナ
(※カタカナでご記入ください)
メールアドレス

(※半角英数字でご記入ください)

(※確認のため、再度入力してください)

郵便番号 (※半角数字でご記入ください)
都道府県
市区町村以下 (※市区町村以下をご記入ください)
マンション名等 (※マンション名等をご記入ください)
お電話番号
(※半角数字でご記入ください)
建築予定地 (※ご予定がある方はご記入ください)
FORTをどちらでお知りになりましたか?
※一番最初にFORTを知ったきっかけ
(複数選択OK)
お問い合わせ内容

トップに戻る